投稿

食事

独立系「小諸そば」がハイクオリティーすぎる

主に東京都心部に展開している立ち食いそばチェーンの「小諸そば」。 そもそも普通の小諸そばも大好きなのだが、神田駅近くにある小諸そばはハイクオリティーすぎてどうかしているのだ。 店構えは一見普通の小諸そばなのだが、例えば「かき揚げせいろ」を注文すると、こんな感じだ。 一般的に、かなりちゃんとし...
アクティ

ホンダ・アクティで思うインターネットの過去と未来

そういえば昨年、縁あって古いホンダ・アクティを譲ってもらった。 初年度登録が1990年だから、もう23年落ちだ。
ライフハッかない

更新更新更新更新更新更新更新更新更新更新更新

サイトをいじっていたらデータがいろいろ飛んでしまったので新しくしました。 今後はマメに更新します。 ……かどうかはわかりません。 写真はいつどこで食べたんだかもわからないカツカレー。 どこのカツカレーかわかったひとは教えてください。
クルマ

ボルボ・エコランに参加して往路トップに

ボルボのXC60というクルマに乗って燃費を競うメディア対抗のイベントに参加してきましたよ。 寒かったな。 第237回:東京〜神戸530km「ボルボXC60エコドライブチャレンジ」に参戦 | webCG
クルマ

アウトランダーPHEVで房総グルメドライブ

夕刊ガジェット通信に記事を書きましたよ。 めちゃめちゃ楽しい取材でした。 「桜が早く見たい」……そんなワガママに応えるべく「三菱アウトランダーPHEV」でいち早く花見してきた! — 夕刊ガジェット通信:@nifty ※サービス終了に伴って記事が削除されちゃいましたね。(20...
投稿

カブと生ハム 〜カブは焼いて食うべき〜

諸君はカブを焼いたことがあるだろうか。 もしなければ、今すぐ焼きたまえ。 そうすれば、幸せになれる。 などと、えらそうに書き始めてしまったが、今日の生ハムは、オリーブオイルで焼いたカブをあわせたみた。 そして、これがめっぽううまかったのだ。 レシピは至極簡単。 カブの皮をむいて、1cmくらい...
投稿

納豆巻きと生ハム

あれから日々、生ハムを食べている。 毎日サラダなどを作るのも大変なので、カットしてそのまま食べているのだが、もちろんそれでも大変うまい。 非常に充足した生活である。 しかし、人は生ハムのみにて生きるにあらず、というべきか、やはり主食が必要だ。 帰宅が遅くなったので、コンビニで納豆巻きを買ってきた。...
投稿

「自分さがしの旅」まとめ

今年の3月末から、九州へと旅行した。 原付50ccの「スーパーカブ」で20日間ほど、キャンプ道具を積んで。 会社を辞めることになり、あまった有給休暇を消化しつつの旅。 「自分さがし」と題して旅立ったのだが、大変楽しかった。 より大きな地図で 自分さがしの旅 を表示 その顛末...
投稿

生ハムとトマト

生ハムの原木との暮らしがふたたび始まった。 「暮らし」などというと大げさに聞こえるかもしれないが、実際のところ「暮らす」という表現がもっともふさわしいと思う。 家に帰ると生ハムの原木が待っている、というのは、経験した人じゃなければわからない喜びではないだろうか。 僕は一人暮らしなのだが、帰宅途中に生...
投稿

生ハム生活ふたたび

生ハムが届いた。 以前、デイリーポータルZでも記事を書いた、まるまる一本の生ハムが、である。 それも、買っていないのに、だ。 「金の斧」という寓話がある。 鉄の斧を落とした木こりがヘルメス神に「なくしたのは『金の斧』か『銀の斧』か」と問われ正直に答えたところ、金・銀・鉄の三本の斧...
投稿

最近のお仕事

おかげさまでおかげさまで、徐々に仕事をさせてもらってます。 残業応援系ニュースサイト「The Workaholics」 に、怒られるか怒られないかギリギリの記事を書いています。 写真は「ノマドワーカーに最適な机は段ボール箱だ」より。 それから「WebCG」という自動車情報サイ...
投稿

お世話になったみなさま

サイト上で告知をしましたが、この度ニフティ株式会社を退社し、デイリーポータルZから離れることになりました。 これまでたくさんの方に支えられてやってこられました。 ほんとうにどうもありがとうございました。 ちいさいころから国語の時間が大好きで、作文にもちょっとおもしろいことを練り込んでや...
投稿

プロフィール

工藤考浩 フリーランスライター/エディター 1973年北海道室蘭市生まれ。印刷屋、内装屋、タクシー運転手、お抱え運転手、報道車両ドライバーなど、自分でも把握しきれないほど職を転々とし、2005年からデイリーポータルZにライターとして参加。 2008年ニフティに入社、ライター兼編集者としてヒョロヒョ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました