バッタ

シェアする

先日、こんど越してきた街について書いた。

銭湯がない街
この4月に引っ越しをした。 5カ月が経ってようやく落ち着いてきた。ここが自分の家という感じがするようになった。 これまでは賃貸のマンション...

この辺りは新しい住宅地なんだけど、一般的な新興住宅地とも様子が違っている。

開発に際して、大手デベロッパーが入っておらず、地元の農家が農地を少しずつ地元の業者に売り、それが宅地になるという流れをたどっている。
なので、新興住宅地特有の統一感がなく、街の雰囲気も辻々でまちまちだ。

また、開発の時期も数十年にわたっており、しかもそれが駅前からじわじわと……ではなく、ある種散発的に行われてきたので、モザイク状に新旧の家が並んでいて、散歩していて退屈しない。

そうだ。散歩していて退屈しないというのは大切なことだ。

いまこれを書きながら気づいたが、公園もあり、住宅地もあり、川沿いの堤防道路もあり、古い街並みもありと、ここは散歩ルートに事欠かないのだ。
だから気に入ったんだな。なるほど、なるほど。

ところで、この新しい住まいには小さな屋上がついている。

「屋上なんてそのうち飽きて使わなくなるよ」

などとも思ったが、実際住み始めてみると、毎日毎日屋上に出ているし、休日には雨が降らない限りここで夕飯を食べている。

思った以上に屋上を活用している。

屋上ではいくつか植物を育て始めた。

先日はバジルにオンブバッタが止まっていた。
おいしそうに葉を食べているところ気の毒だが、ここからは逃げてもらった。