中年ハイトーン

今年で44歳になった。

あっという間である。体感的には、先月末くらいに成人式を終えたばかりのような気がする。

それくらいあっという間だ。

写真は本文とは特に関係のない肉そば。中年だって肉そばくらい食う。

写真は本文とは特に関係のない肉そば。中年だって肉そばくらい食う。

よく考えてみたら、僕は成人式に出席していないのだったが、つまりとにかくそれくらいあっという間だということである。

44歳といえば中年まっ盛りといったお年頃で、まあ確かにあちこち衰えているなと思うこともあるが、ただそれは予想していたよりも緩やかな衰えで、総合的に評価するとしたら、20歳代比15%オフといった程度だろうか。

衰えにも個人差はあると思うが、僕の周りにいる同世代の人を見ていると、だいたい同じような感じではないかと思う。

そんな、意外となんとかなっていますよ的な中年ライフであるが、ひとつだけなぜか向上しているスキルがある。

カラオケで高い音が出るようになっているのである。

20代のときに歌えなかった曲が、ここ数年は原曲キーで難なく歌えるようになったのだ。

もちろん、特にボイストレーニングなどをしているわけでもなく、カラオケに行く頻度が増したわけでもない。

何の努力もしていないのに、高音が出るようになったのだ。

不思議だなと思って調べてみたが、世の中には僕と同じような経験をしている人が結構いるようだ。

声帯が何らかの変化をしてそうなっているのだろうか。
ただ、確かにカラオケで高音が出るようになったのではあるが、これが実生活に何かメリットを及ぼすかというと、まったくそんなことはない。

びっくりするほど何ももたらさない。

けれども、ちょっとうれしい。

そんな日々だ。

スポンサーリンク