勇気を出して

最近、勇気を出したのはいつだったろう。

改めて問われてみると、勇気なんてそうたびたび出すものではないなと思うかもしれない。
でも、本当にそうだろうか。

たとえば、僕の小さな勇気。

それは、中華屋でラー油の小瓶をつかむときの勇気。

中華屋のラー油の瓶は、いつも決まってぬるぬるしている。

それをつかむと、僕の指先もぬるぬるしてしまう。
これからうまい餃子を食べようとするときに、指先がぬるぬるしてしまうのだ。

できればそれは避けたい。

ぬるぬるしない指で箸を握り、ぬるぬるしない指で皿をおさえ、ぬるぬるしない自分のままで餃子を食べたい。
それはささやかな願い。

けれども、ラー油を取らなければ、餃子は食べられない。

そこで僕は勇気を出して、ラー油の瓶に触れるのだ。

指先に伝わるぬるぬる。
ラー油の瓶のぬるぬるが、僕の指のぬるぬるとなる。

このぬるぬるを受け入れようとする決意。
僕の勇気。

そして時おり味わう、それほどぬるりとしていなかったときの虚しさ。

けれどもそれは、勇気があったからこそ知ることができた虚しさだ。

僕は餃子を食べるとき、ラー油と共に勇気も振り絞る。

餃子(勇気)

餃子(勇気)

スポンサーリンク